読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

最近の読書は

10月の読書メーターのまとめ記事をアップして気がついたのですが、先月の読了は6冊だったんですね。ちょっと驚きました。実際は平日、休日共にゲームやテレビ視聴の時間すべて使って文庫本やネット小説をずっと読んでますから。
そういう意味では結構な活字中毒状態ですよ。

あと読書メーターに登録がないので読了に入れることができなかった1冊が、尾上与一先生の同人誌『葉隠否定論』。

尾上先生の1945シリーズの中で私は『天球儀の海』が一番好きです。…ええ、すごく特殊なファンだとは自覚していますので(笑)みなまでいうな;^_^A
なので『天球儀の海』の坊ちゃん視点であるこの『葉隠否定論』は待ち望んでいた1冊でした。
ものすごく読み応えあり、とても辛い内容なんですが、読み終わって少し落ち着くと、このタイトルの重さに戦争の重さ、命の重さをずしりと感じます。そして長年大切に想ってきた希を彼なりの方法で守り、出征・帰還の体験を経て、武士道の心得の書かれた書物『葉隠』の捉え方が彼の中でどう変節したのか…その事実に気がつくと、1945シリーズの他作品に比べて直接の戦地の描写が少ないこの作品もまた色濃くあの時代を描いている作品なのだと思いました。
葉隠否定論』に関してはやはり文庫化は商業的な観点から難しい作品ですし、だからこそ尾上先生も同人誌という方法を取られたんでしょうが、私はこの『葉隠否定論』を作ってくださったことにとても感謝しています。


最近は女性向け18禁小説サイトの作品を拝見しています。ここの作品を読んでいると、改めて自分にも文才があれば…とつくづく思います(笑)。商業的なことを目的にしていないから、純粋に作家さんの萌えが追求されている作品が多いように感じますし、同じように完璧に腐に足を突っ込んでいる私の萌えストライクゾーン直撃なシチュエーションの作品の遭遇率が高いこと高いこと(笑)。


そんな感じの読書時間を積み重ねている今日この頃です。

広告を非表示にする