Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

『 LA CORDA D'ORO3 One more Kiss 』

金色のコルダ3 フルボイスSpecialトレジャーボックス特典CD です。
金色のコルダ3がPSPに続いて3DSで発売。PSPで堪能したので普段ならちょっとやそっとの追加シナリオがあっても購入は見送るのですが、トレジャーBOXの特典CDの情報を知った瞬間で購入決定(笑)。攻略者12人とのゲーム後のデートCDですよ?しかも一人30分近いCDでテーマが『キス』。どんだけ釣る気満々なのよという内容とボリューム。
コルダ3は発売後にASシリーズが展開されたので、もう何年もコルダ3の世界に関わっている状態ですが、かなでちゃんが星奏学院にいるシチュエーションは数年ぶりのプレイだったことを思い出しました。

私は星奏学院メンバーのストーリーも結構ASシリーズのシナリオに好みのものが多かったのですが、今回の特典CDである『One more kiss』を聴いてみると、かなでちゃんが星奏にいるパターンの時の神南組、至誠館組が見せる遠距離恋愛の切なさがいい感じにツボでした。
12人もいるので感想は萌え所だけギュギュっと(苦笑)。

響也…全国大会から1か月後、晴れて幼馴染からかなでちゃんの彼氏になり、代替わりした星奏学院のオーケストラ部の部長となっている響也。彼のハッキリした性格が部長という立場に上手くフィットしていて頼もしさすら感じます。CDのトラック1のかなでちゃんとのやり取りが幼馴染だった二人だから出せる空気で非常に好きです。そして演じる福山くんはこういったテンポのよいセリフ回しが相変わらずお上手で大満足です。

律…律については3無印で彼の将来はどうなるのかという疑問が残ったままだったのをASfeat.神南で未来への道筋を示してくれたこともあり、神南の律ルートばかりプレイしてるのですが、律の腕を案じながら常に横にいて笑顔で寄り添っているかなでちゃんもいいなと思いました。CDでは当たり前のように横にいるかなでちゃんと迎える再会して初めてのとある秋の一日で、トラック1の律のモノローグが特に好きです。

大地…大地先輩は3無印でもASfeat.神南でも立ち位置がブレないんですよね。デートのエスコートが上手いのは攻略者の中でも1番だなとゲームプレイ時にも思っていたけど、今回のCDのデートもとてもスマートにエスコート。本当に高校3年生かよ、と末恐ろしい(笑)。だから最後のかなでちゃんからのキスに慌てふためく大地の様子がいいですね。

ハル…ハルちゃんはやっぱり変わらずハルちゃんでした。彼のまっすぐな生き方がそのまま素直に言動につながっていて清々しい。そんなハルちゃんもかなでちゃんの彼氏になって慌てふためくことがちょこちょこと見受けられるCDですが、まだちょっと萌えが低い。東金や大地先輩にかなでちゃんに接近してもらってハルちゃんの心を揺さぶってみて欲しいです(笑)。

東金…遠距離恋愛組の東金も大地に負けずデートプランいっぱい持っていそうですが、東金はキャラが非常に個性的なのでデート自体というよりも、【東金】とデートということが印象に残ります。このCDでは別れ際に東金も遠距離を素直に「寂しい」と言ってくれるシーンが好きなのですが、東金が卒業後に東京で移り住むというのはどうしても想像できないんですよね。このカップルだとかなでちゃんが神南大学へ進学するしか想像できない(笑)。

土岐…このCDを聴いていると、彼氏になってからの土岐って付き合い方にあまり積極さがなくて、言い換えるとかなでちゃんさえいればいいという感じ。それを甘やかしているとみるか、恋人になったら何をするでもなくまったり過ごしたいタイプの人とみるか。楽器店でかなでちゃんが土岐の為に愛の夢をピアノで弾くシーンは素敵。土岐と付き合っているかなでちゃんは土岐への想いを隠さないし、そんな彼女の想いを感じているだけで土岐は幸せ感じていて、静かな彼氏彼女という感じです。

半分まで書いてこの長さ!!
というわけで続きは次回に。