読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

2014年の読者メーター

読書メーター

2014年の読書メーター
読んだ本の数:141冊
読んだページ数:33226ページ
ナイス数:489ナイス
http://bookmeter.com/u/166368/matome_y?invite_id=166368

■ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)
読了日:12月28日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088802756

■冬姫 (集英社文庫)
読了日:12月20日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/b/4087452468

■卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)
読了日:12月13日 著者:宇江佐真理
http://bookmeter.com/b/4062757796

■失意ノ方-居眠り磐音江戸双紙(47) (双葉文庫)
読了日:12月12日 著者:佐伯泰英
http://bookmeter.com/b/457566698X

祇園社神灯事件簿 奇妙な刺客 (徳間文庫)
読了日:12月8日 著者:澤田ふじ子
http://bookmeter.com/b/4198934150

■ハイキュー!! 13 (ジャンプコミックス)
読了日:12月8日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088801938

弱虫ペダル(37)(少年チャンピオン・コミックス)
読了日:12月8日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221300

■彩雲の城 (Holly NOVELS)
読了日:12月8日 著者:尾上与一
http://bookmeter.com/b/4883864359

村上海賊の娘 下巻
読了日:12月7日 著者:和田竜
http://bookmeter.com/b/4103068833

■甘露梅―お針子おとせ吉原春秋 (光文社時代小説文庫)
読了日:12月6日 著者:宇江佐真理
http://bookmeter.com/b/433473703X

■応天の門 1 (BUNCH COMICS)
業平と道真。面白い組み合わせを思いつかれたなぁというのが最初の感想。年齢差があるとはいえ、二人が出会う可能性があったのだと初めて知りました。魑魅魍魎が跋扈していた平安時代らしい身近な(?!)事件をひょんなことから知り合った業平と道真が解決していく楽しさを堪能しました。愛想は無いけど賢くて憎めない道真が可愛い。
読了日:11月27日 著者:灰原薬
http://bookmeter.com/cmt/43083017

■NEKOMA DAYS (Philippe Comics)
原作読んでいた時から、黒尾は普通の会話しているだけでも色気ダダ漏れな人だと思っていたけど、本作を読んで断言できると確信しました(キッパリ!)
読了日:11月23日 著者:hash,ayuko,桂小町,澤木,セキモリ,ネック佐東,はち,街野舎犬,松本みよこ,右恭介,南野,もずく
http://bookmeter.com/cmt/43001820

■天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
読了日:11月22日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302820

■天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
読了日:11月20日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302812

■天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
読了日:11月20日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302804

■蒼路の旅人 (新潮文庫)
読了日:11月18日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302790

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
読了日:11月16日 著者:犬村小六
http://bookmeter.com/b/4094511210

■後宮の星詠み姫 ~天命は皇帝の手に~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
読了日:11月16日 著者:伊郷ルウ
http://bookmeter.com/b/4062867753

■神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
読了日:11月16日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302774

■神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
読了日:11月14日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/4101302766

ボトルネック (新潮文庫)
米澤作品は読後にほろ苦さが残る作品が多いけれど、今作はほろ苦いなんて言葉じゃすまなかった(苦笑)。この世界に戻ったリョウが受けるキツさは想像に難くないし、やはりこの先の彼が気がかりでもあり…。普段ハッピーエンドな作品を多く読む身にはなかなか辛い結末でしたが、じゃあこれ以外の結末ならいいのか…と考えると、あの世界が「あのようななりたちの世界」ならば、やはりこの結末に行き着くのだろうな、と思えてしまう。
読了日:11月11日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/cmt/42712225

■虚空の旅人 (新潮文庫)
前3作と比べてなかなか先へ読み進められなかった本作。でもチャグムがシュガへ告げた最後の言葉を読んだ瞬間、今回サンガル王国で起こった陰謀を通してチャグムの成長とシュガとの間に育まれている絆に胸が震えました。そして改めてこの作者の想像力と創造力に深く感嘆しました。
読了日:11月9日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/cmt/42667157

■よしわら花おぼろ 第2巻 (あすかコミックスDX)
読了日:11月3日 著者:音中さわき
http://bookmeter.com/b/4041202604

■よしわら花おぼろ 第3巻 (あすかコミックスDX)
読了日:11月3日 著者:音中さわき
http://bookmeter.com/b/4041204674

■よしわら花おぼろ 第1巻 (あすかコミックスDX)
読了日:11月3日 著者:音中さわき
http://bookmeter.com/b/4041200997

ログ・ホライズン6 夜明けの迷い子
読了日:11月2日 著者:橙乃ままれ
http://bookmeter.com/b/4047282359

■昼も夜も (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:10月29日 著者:きたざわ尋子
http://bookmeter.com/b/4344806050

■初桜 ―ういざくら―: 無垢な蕾は夜露に濡れる (ティアラ文庫)
読了日:10月18日 著者:笹木らいか
http://bookmeter.com/b/482966679X

ログ・ホライズン7 供贄の黄金 【ドラマCD付特装版】
RPGには手を出さないゲーマーの私でも中盤以降のウィリアムズの言葉は胸打たれたし、彼の声に応えて戦うそれぞれのギルドメンバー視点の場面では目頭が熱くなった。そしてシロエもまたこの戦いで自分の弱さを受け止め、守りたい仲間や場所を再認識して頼もしくなった。きっとこの世界の深部に関わるところへ連れ去られたであろうクラスティを、それぞれの場所で成長したシロエ達がどう救い、この世界とどう対峙するのか楽しみ。
読了日:10月17日 著者:橙乃ままれ
http://bookmeter.com/cmt/42066926

弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:10月8日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221297

■nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)
読了日:10月8日 著者:榎田尤利
http://bookmeter.com/b/4813012728

村上海賊の娘 上巻
読了日:10月3日 著者:和田竜
http://bookmeter.com/b/4103068825

■レアリアI (新潮文庫)
時間軸も語り手も変わるからさらさら読めるわけじゃないですが、オレンディア世代、ミレディアとアキ、ミレディアとレナート、ミレディアと道化師の皇子さまの場面は、それぞれ切ないけど独特の空気が流れていて、このどうにもできないところまで行き着いた世界の中で彼らがどう変わっていくのか、本当に気になります。前作同様にシリアスと笑いのバランスが雪乃さんらしく、そして読み進めながら今作のスラスラと読めるというわけでない文章に愛着を感じ始めている自分がいました(笑)。
読了日:9月24日 著者:雪乃紗衣
http://bookmeter.com/cmt/41437615

暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:8月20日 著者:草凪みずほ
http://bookmeter.com/b/4592190815

■服従レンアイ
読了日:8月17日 著者:逢見泪
http://bookmeter.com/b/org48ba29c24f

■ファインダーの標的 [新装版] (ビーボーイコミックス)
【再読】定期的に会いたくなるのがゴージャス攻様No.1の浅見。本当に最強だわ(うっとり)
読了日:8月17日 著者:やまねあやの
http://bookmeter.com/cmt/40404159

■ハイキュー!! 12 (ジャンプコミックス)
読了日:8月16日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088801539

■ハイキュー!! 11 (ジャンプコミックス)
読了日:8月16日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088800710

■ハイキュー!! 10 (ジャンプコミックス)
読了日:8月16日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088800435

■夢の守り人 (新潮文庫)
読了日:8月13日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/b/410130274X

■天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
読了日:8月12日 著者:高田郁
http://bookmeter.com/b/4758438390

■闇の守り人 (新潮文庫)
シリーズ2作目はジグロとバルサの物語り。ヒョウル<闇の守り人>が何者たちなのか判明してからバルサとヒョウルの槍舞いにかけてのくだりは心掴まれる切なく温かい場面でした。
読了日:8月10日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/cmt/40233840

弱虫ペダル 35 (少年チャンピオン・コミックス)
弱虫ペダルは登場人物が皆大好きだから感想は書いていないけれど少しだけ。2度目のインターハイスタート。それぞれが色々な思いを秘めペダル踏む。昨年の大会後からの坂道くんと真波くんの関係を案じていたけど、巻島さんと東堂さんの関係とはまた違ったいい関係になっていて安心。コミック派なので気長にインターハイ編を楽しみにして待ってます。
読了日:8月10日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/cmt/40233467

最遊記異聞 1巻 (ZERO-SUMコミックス)
峰倉作品によく登場する飄々とした魅力的な人物。今作の主人公・峯明もやはり飄々としていて掴み所がないけれど、一本筋が通っていて切ない気持ちを抱かせる優しさを持った魅力的な人です。そして峯明と共に三蔵を目指す10人のライバルであり仲間である一班の面々。彼らのこの先にどんな日々が訪れるのか楽しです。
読了日:8月7日 著者:峰倉かずや
http://bookmeter.com/cmt/40133831

精霊の守り人 (新潮文庫)
なんて豊かな物語なんだろう。これが読み終えて最初に思った感想でした。普段、異世界ものは苦手、人物名がカタカナだと感情移入できないなどと言っていた言葉が嘘のように(笑)ワクワクしながらページをめくっている自分がいました。
読了日:8月5日 著者:上橋菜穂子
http://bookmeter.com/cmt/40102550

■満願
読了日:8月3日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/b/4103014741

■ハイキュー!! 9 (ジャンプコミックス)
読了日:7月19日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088708520

■ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)
読了日:7月19日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088708202

■ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)
読了日:7月19日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088707869

■ハイキュー!! 6 (ジャンプコミックス)
読了日:7月19日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088706668

■無双の花 (文春文庫)
読了日:7月19日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/b/4167901366

■MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2014年 08月号
読了日:7月13日 著者:
http://bookmeter.com/b/B00KYOIH16

■MAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2014年 06月号 [雑誌]
読了日:7月13日 著者:
http://bookmeter.com/b/B00JRE3Q6U

■弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)
今後が気になることは・辰平、利二郎の合同婚儀・大名家対抗試合・義弟である遼二郎の思い人・おそめちゃんの江戸への一時帰郷・お代の方の今後などなど。これらに奈緒さん親子の行く末が関わるか否かが気になります。
読了日:7月13日 著者:佐伯泰英
http://bookmeter.com/cmt/39533958

■溢れて溺れて
読了日:7月13日 著者:逢見泪
http://bookmeter.com/b/org593eebe228

■ハイキュー!! 5 (ジャンプコミックス)
読了日:7月6日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088706315

■ハイキュー!! 4 (ジャンプコミックス)
読了日:7月6日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088705556

■皇太子のフィアンセ ~愛欲の檻に囚われて~ (シフォン文庫)
読了日:7月2日 著者:京極れな
http://bookmeter.com/b/4086700476

■影の花嫁 (ソーニャ文庫)
読了日:7月2日 著者:山野辺りり
http://bookmeter.com/b/4781695167

■蛟堂報復録〈4〉
読了日:6月30日 著者:鈴木麻純
http://bookmeter.com/b/4434143360

■蛟堂報復録〈3〉
読了日:6月26日 著者:鈴木麻純
http://bookmeter.com/b/443414054X

■忍びの国 (新潮文庫)
読了日:6月24日 著者:和田竜
http://bookmeter.com/b/4101349770

■折れた竜骨 下 (創元推理文庫)
読了日:6月22日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/b/448845108X

■折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
読了日:6月20日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/b/4488451071

■朧小路の恋の花 (Holly NOVELS)
読了日:6月15日 著者:かわい有美子
http://bookmeter.com/b/4883864294

■犬はどこだ (創元推理文庫)
読了日:6月15日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/b/4488451047

■蛟堂報復録〈2〉
読了日:6月13日 著者:鈴木麻純
http://bookmeter.com/b/4434135120

■月光坂の花屋敷春 (H&C Comics CRAFT SERIES 61)
わぁ…想像していたより切ないと言うか、報われない感たっぷりというか…。それでも幸せな結末を信じて続きを待ちわびたくなる作品。
読了日:6月11日 著者:木下けい子
http://bookmeter.com/cmt/38731847

■追想五断章 (集英社文庫)
米澤作品で既読は古典部シリーズのみ。きっと今作のほうが本来の作者の作風なのかしら?5つのリドルストーリー集めの話で、その5編もそれを書いた男に降りかかった事件も、リドルストーリー集めを依頼された休学中の学生やその学生の伯父の人生もどれも苦く切ないのに、それでも時間の隙間を見つけて先を急ぐように読んだ訳は、きっとその苦さや切なさにリアルさを感じたからだと思う。決して明るい話ではないけれど、やけに心に残る読後感の良い作品だった。
読了日:6月9日 著者:米澤穂信
http://bookmeter.com/cmt/38679076

■蛟堂報復録〈1〉 (アルファポリス文庫)
主人公はあくまでも物語たち・依頼人や報復の対象者で、間違っても辰史ではないところが特長でありこの作品の弱さだなと感じてしまって困った(苦笑)。改めて題材となった3つの物語のあらすじを見つめると、どれもおどろおどろしくて児童文学らしさがないなと思う。幸せではなさそうだった辰史の幼少期や従兄との確執の決着もいずろは出てくるんだろうしそこは楽しみ。ただ…題材が題材なだけに決して読後感はよくないので、次巻以降を手に取るのは私にとっては勢いが必要そうです。
読了日:6月8日 著者:鈴木麻純
http://bookmeter.com/cmt/38653308

花咲ける青少年 特別編 5 (花とゆめCOMICSスペシャル)
私にとってやっぱり立人は少女漫画で圧倒的に魅力的な王子様です(キッパリ)。直接的な描写は少ないのに、立人も花鹿もお互いの存在が何よりも大事で、相手の存在に自分自身の進む方向を導かれていることを知っている。本当に二人はいい関係だなぁ。懐かしい面々のその後も描かれていて最終巻にふさわしい一冊でした。
読了日:6月7日 著者:樹なつみ
http://bookmeter.com/cmt/38653189

弱虫ペダル 34 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:6月7日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221270

■しのぶ梅 着物始末暦 (時代小説文庫)
読了日:6月4日 著者:中島要
http://bookmeter.com/b/4758437025

■蜜夜語り (ソーニャ文庫)
読了日:6月2日 著者:山田椿
http://bookmeter.com/b/4781695221

■翔る合戦屋 (双葉文庫)
読了日:5月24日 著者:北沢秋
http://bookmeter.com/b/4575666610

■小太郎の左腕 (小学館文庫 わ 10-3)
最近、戦国大名が出現する前の時代の作品を立て続けに読んで、この時代の戦の捉え方や人の生き方は、それ以降とはだいぶ違うのだということを認識。だから敵ながらも互いを認め合う半右衛門や喜兵衛の考え方も生き方も共感できずとも理解できるし、二人のやりとりに清々しさも感じた。それでもやはり小太郎のことを思うとやり切れなさと悲しみは拭えない。人並みを求める小太郎に告げた「人並みになるとは、人並みの喜びだけではない。悲しみも苦しみも全て引き受けるということだ」という半右衛門の言葉が全てだったと読後しみじみと思った。
読了日:5月24日 著者:和田竜
http://bookmeter.com/cmt/38260202

■猫の遊ぶ庭 (ショコラノベルス)
長い間積んでいたのですが、昨今のBL作品の流行とも、最近のかわい作品の空気とも違う上、かなり私の好みでした。際どさもあざとさも無く、京都の大学寮で出逢った織田と杜司の間で育まれる恋を見守る気持ちで読ませていただきました。主人公たちの恋をガッツリ覗き見している3人組の存在はあざといですが(笑)こういうあざとさは好きです。年下の織田が恋心を自覚させるために終盤に杜司を追い込むシーンの言葉責めのテクニックには萌えました。しかし織田ってば末恐ろしい(笑)。
読了日:5月18日 著者:かわいゆみこ
http://bookmeter.com/cmt/38100393

■哄う合戦屋 (双葉文庫)
史実の隙間を上手に使って石堂一徹を始めとする魅力的な人々の物語を作られたなぁというのが最初の感想。読み進めながら、当時の人々の思考ひとつとっても現代の私たちよりはるかに本能的な生き物であることも何度も感じました。一徹と若菜はお互いに自分の“半身”のように思える唯一無二の存在に出会えたような気持ちなのかもしれないと思う。一を指し示めされ相手の真意の十を知るような二人の会話の描写はとても印象的。この先の史実の中に一徹たちがどのように関わり描かれていくのか続編が楽しみ。
読了日:5月16日 著者:北沢秋
http://bookmeter.com/cmt/38054273

■パンとスープとネコ日和
読了日:5月14日 著者:群ようこ
http://bookmeter.com/b/4758411948

■銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)
読了日:5月14日 著者:高田郁
http://bookmeter.com/b/4344415329

■文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
読了日:5月13日 著者:京極夏彦
http://bookmeter.com/b/4062638878

■川あかり (双葉文庫)
藩で一番の臆病者と噂されている青年が刺客を命じられる。その過程で身分も境遇も違う人々に出会い過ごす中で、武士とはどうあるべきかを知り成長していく様子がシンプルに伝わってきます。葉室作品を読む度、身分制度の存在する時代に恵まれているように見える武士も、矜持や理不尽に雁字搦めにされて生きているなぁと思わされます。
読了日:5月12日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/cmt/37962607

■ハイキュー!! 3 (ジャンプコミックス)
読了日:5月8日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088705211

■ハイキュー!! 2 (ジャンプコミックス)
読了日:5月5日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088704827

■ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
読了日:5月5日 著者:古舘春一
http://bookmeter.com/b/4088704533

■恋染めし夜の褥 花街艶語 (シフォン文庫)
読了日:5月4日 著者:葉月エリカ
http://bookmeter.com/b/4086700352

■O.B.2 (EDGE COMIX)
きちんと読み直す為の再読。このO.B.を読んでようやく有坂先生が抱えている葛藤を理解できたし、響の一途さを可愛いと思えた。そして空乃くんがキラキラした高校生時代から更に魅力を増した男性になっていて眩しかった。原先生は相変わらずグルグル悩んでいるけど、空乃くんを大切にしている気持ちは伝わったし、あとは覚悟を決めて行け!ハラセン(笑)!願わくは草壁と佐条の結婚まで見届けたいです。
読了日:5月4日 著者:中村明日美子
http://bookmeter.com/cmt/37698811

■O.B.1 (EDGE COMIX)
きちんと読み直す為の再読。草壁と佐条は高校時代からそうだけれど、どのエピソードでも初々しさを感じる。それでいてどの話も二人の気持ちにブレがないのがすごいなぁと今回改めて感じた。草壁と佐条はどのエピソードを読んでも見守りたい気持ちなる。コマっちゃんの話は番外編のガールズトークが好き。
読了日:5月4日 著者:中村明日美子
http://bookmeter.com/cmt/37698403

恋する女たち (集英社文庫―コバルトシリーズ)
読了日:4月30日 著者:氷室冴子
http://bookmeter.com/b/4086104024

■元帥皇子の花嫁 (ティアラ文庫)
読了日:4月29日 著者:ゆりの菜櫻
http://bookmeter.com/b/4829666706

■斎姫の秘め事 ―宵闇に愛される純潔― (ロイヤルキス文庫)
読了日:4月29日 著者:芹名りせ
http://bookmeter.com/b/4864570477

■刀伊入寇 - 藤原隆家の闘い
これまで読んだ葉室作品とは印象が違った。歴史的に認知度の低い”刀伊入寇”や、当時栄華を極めていた藤原道長の甥であり異色の武人で刀伊という外敵に対峙した藤原隆家の作品を書きたいという葉室氏の思いの強さは、著者の随筆集から感じたし、他作品よりも歴史的な事実を追う描写が多かったのは仕方のない題材だったと思う。それでも平安という雅やかなイメージの強い時代に藤原隆家という人物がいたこと、元寇以前に海賊以外の外敵の侵攻があった事実を知っただけでも私には本書を手にした意味はあったと思う。
読了日:4月28日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/cmt/37540772

■between the sheets (ディアプラス・コミックス)
同時期に読んだ『くちづけは嘘の味』と主人公たちの職業が偶然にも同じなのだけど、当然のことながらキャラも話も作品の空気も違っていて、作家さんの持ち味でこうも変わるのかと楽しめた。攻めが相手の心を手に入れるまでの過程をも楽しむ粘り強さにはそれなりの地位を手にしている男の余裕と魅力を感じたし、難攻不落と噂のバーテンである受けが幼馴染の前だと可愛い少年になるギャップも可愛かった。
読了日:4月23日 著者:橋本あおい
http://bookmeter.com/cmt/37413330

弱虫ペダル 33 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:4月17日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221262

■くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)
読み始めたら一気読みしていました。仕事は出来るけど情が薄い社長×話題豊富で綺麗な元詐欺師のバーテンの恋。どっちもどっち(苦笑)な二人だから、どちらかに同情することなく楽しめる。話としてはオーソドックスだけど、二人の恋の行方を面白がり眺めている加倉井の存在や全てを投げ打ってでも槙尾を求める和智の意外な必死な姿が効いていた。一千万貸してくれ、の言葉に『ついに大台に乗ったか』という和智の心の声に槙尾への溺れっぷりが感じられてツボでした。
読了日:4月6日 著者:サガミワカ
http://bookmeter.com/cmt/36990586

■それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)
カップルとしては【どうしても〜】を読んだ当時から小野田×出口が好みだったから同人誌を再読しながら発売を心待ちにしていました。本当にシンプルなノンケとゲイの恋の話ですが、そこを切なく時に軽やかに描かれるヨネダさんの上手さを再認識しました。
読了日:4月2日 著者:ヨネダコウ
http://bookmeter.com/cmt/36896356

■百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
ドラマの予習にーと気軽な気持ちで手にしたらグイグイと引き込まれました。ただスラスラ読めた訳ではなかったのは、沢山の視点で描かれている上に、時系列ではないからだったからかな。だからこそ最後まで息つかせない作品になったのでしょう。
読了日:3月29日 著者:逢坂剛
http://bookmeter.com/cmt/36798157

■随筆集 柚子は九年で (文春文庫)
読了日:3月25日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/b/4167900564

■ジョーカーの国のアリス~サーカスと嘘つきゲーム~ 7巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
うわぁぁぁっ、やっぱり藤丸さんが描かれるブラッドは本当に素敵だ。捨てきれずにいるもの、それらを抱えながら前に進もうとするアリス自身を得難いと言い、そんなアリスをまるごと求めるブラッドにメロメロでした。
読了日:3月23日 著者:藤丸豆ノ介
http://bookmeter.com/cmt/36647258

■ジョーカーの国のアリス~サーカスと嘘つきゲーム~ 6巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:3月23日 著者:藤丸豆ノ介
http://bookmeter.com/b/4758058431

■乙女なでしこ恋手帖 2―小説オリジナルストーリー (フラワーコミックスルルルnovels)
読了日:3月17日 著者:深山くのえ
http://bookmeter.com/b/4091343384

■乙女なでしこ恋手帖 壱 (FCαルルルnovels)
読了日:3月17日 著者:深山くのえ
http://bookmeter.com/b/4091342582

■O.B.2 (EDGE COMIX)
読了日:2月19日 著者:中村明日美子
http://bookmeter.com/b/4863494114

■O.B.1 (EDGE COMIX)
読了日:2月19日 著者:中村明日美子
http://bookmeter.com/b/4863494106

■美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
読了日:2月19日 著者:高田郁
http://bookmeter.com/b/4758438048

弱虫ペダル 31 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月12日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221246

弱虫ペダル(30) (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月12日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221238

弱虫ペダル 29 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/425322122X

弱虫ペダル28 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253221211

弱虫ペダル 27 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214800

弱虫ペダル 26 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214797

弱虫ペダル 25 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214789

弱虫ペダル 24 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214770

弱虫ペダル 23 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214762

弱虫ペダル 22 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214754

弱虫ペダル 21 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214746

弱虫ペダル 20 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214738

弱虫ペダル 19 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/425321472X

弱虫ペダル 18 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214703

弱虫ペダル 17 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/425321469X

弱虫ペダル 16 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214681

弱虫ペダル 15 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214673

弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214665

弱虫ペダル 13 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214657

弱虫ペダル 12 (少年チャンピオンコミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214649

弱虫ペダル 11 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214630

弱虫ペダル 10 (少年チャンピオンコミックス)
読了日:2月11日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214606

弱虫ペダル 9 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月6日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214592

弱虫ペダル 8 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月6日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214584

弱虫ペダル 7 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月6日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214576

弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:2月6日 著者:渡辺航
http://bookmeter.com/b/4253214568

■【Amazon.co.jp限定】憂鬱な朝(5) 描きおろしペーパー付き (Charaコミックス)
まだ着地点は見えていないといった感じ。次巻が最終巻になるのかしら。感想は次巻と共に再読して改めて。とにかく今回も悩める桂木の麗しさにクラクラしました。
読了日:2月1日 著者:日高ショーコ
http://bookmeter.com/cmt/35321460

純情ロマンチカ 第17巻 (あすかコミックスCL-DX)
ミステイク組が掲載の雑誌を処分するため購入(笑)。おまけのact3.5が読めたので結果オーライでした。セカコイでもよい働きをする井坂さん大好きです。久々にロマンチカよんだけど、1巻を読んだ時に兄・孝浩に感じた悪意無き鈍感さに腹を立てたのを思い出させる今回の兄の【美咲自立作戦】。美咲を思う故なのに「余計なことを…」と思うのはウサギさんと美咲の関係を微笑ましく感じているからなんだろうなぁ。
読了日:1月22日 著者:中村春菊
http://bookmeter.com/cmt/35036959

■碧のかたみ (Holly NOVELS)
読了日:1月14日 著者:尾上与一
http://bookmeter.com/b/4883864200

■そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
読了日:1月13日 著者:内田カヲル
http://bookmeter.com/b/4812472008

■ファインダーの標的 [新装版] (ビーボーイコミックス)
最近お目にかかる機会の少ないゴージャスな攻様。読んでみれば自分がBLにのめり込んだのは、浅見のようなゴージャス攻様全盛だったからだとおもいだしました。「どんどん攻めてください秋仁を!」と思いながら楽しく読ませて頂きました。
読了日:1月13日 著者:やまねあやの
http://bookmeter.com/cmt/34812473

■蜩ノ記 (祥伝社文庫)
葉室さんのひとつの到達点を感じる作品。直木賞を受賞したのもうなずける作品だけれども、葉室作品の良さでもあり、読者を選ぶ要因でもある葉室さん独特の武士像(文化知識の教養の高さを感じる武士等)は今回は薄めかな。それでも身に降りかかった理不尽さも領民のために受け入れ最期の時を待つ戸田の姿は鮮烈で、彼のその生き様が彼の息子や最後の数年を寝食共にした庄三郎に受け継がれていく様子がはっきりと伝わってきます。何度も読み返しては胸が詰まりました。
読了日:1月11日 著者:葉室麟
http://bookmeter.com/cmt/34747159

■帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))
読了日:1月10日 著者:鳩かなこ
http://bookmeter.com/b/406286505X

■nez [ネ] (SHYノベルス291)
読了日:1月8日 著者:榎田尤利
http://bookmeter.com/b/4813012582

■空蝉ノ念-居眠り磐音江戸双紙(45) (双葉文庫)
ふと忘れがちだけど、最終的に「田沼と直接対決するわけではない」のだと読者に念押しをした1冊かな(笑)。愛弟子たちの仕官先、婚姻が現実的となりだし、義父にも彼らを巻き込むことに対する懸念を告げられた磐音。それでも仇討を諦めきれていなかった磐音が、終盤亡き養父の仇討を望まない声が聴こえたところから彼の変化は始まっているのだろう。気がかりは奈緒さんの落ち着き先と義弟の想い人の素性、松平定信の思惑かな。
読了日:1月7日 著者:佐伯泰英
http://bookmeter.com/cmt/34666235

■天球儀の海 (Holly NOVELS)
ちりばめられた伏線がとても効果的に生かされていた。資紀の真意がわからない辛さの分、彼が希に辛く当たり、腕を奪った理由が明された時の衝撃は大きかった。新多によって明かされた資紀の希への想いが、養子の話ありきの結末じゃなかったという真実も胸にせまった。希が予科練に進んだことを知り、希を救うために周りの全てを欺いて筋道を作り、一人抱えていった資紀の想いが切ない。再会後、酔った資紀が金平糖で反転しているシリウスを描くシーンは、彼がどれだけ希と希のシリウスを愛しているか痛いほど伝わる好きなシーンです。
読了日:1月5日 著者:尾上与一
http://bookmeter.com/cmt/34598886


読書メーター
http://bookmeter.com/