Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

萌?癒?『週刊添い寝CD vol.9 隆弘』

今年はBLCDをあまり聴いていないこともあり、乙女系のシチュエーションCDを聴く機会が多いです。
私にとってこの手のCDは萌え補給源。だから癒しをテーマにしているCDには手を出さないくらいです(笑)。

そして気に入った作品はiPodに入れているのですが、そんな中に数年前に発売された『週刊添い寝CD vol.9 隆弘』があります。このシリーズはたぶん全作品聴いているのですが(←記憶があいまい)、キャラクターとストーリーが自分の好みに合っていてリピート率が高いのがこのvol.9隆弘とvol.12聡。

実は今仕事が忙しくてプレッシャーも半端なく、先週はかなりナーバスになっていたんです。そして火曜日の夜、心身ともにクタクタで電車に乗り運良く座れて、あとは1時間半このまま最寄駅まで揺られて帰るだけとなった時、無性にvol.9隆弘のCVをされている森田さんの声が聞きたくなり、いそいそとipodを取り出して聞き始めました。
びっくりした
なににびっくりしたかって、最寄駅に着くまで2周聴いた間にめちゃくちゃ癒された
この作品も私にとっては萌え補給源だったし、これまでに何度も聴いていた時もそれは変わらなかったのに、この時は癒しでした。
たぶん疲れていた私は無意識に元気を貰える兄キャラ声である森田さんの声を聞きたかったのだと思うんですが、想像とは違った作用に驚きました。
とはいえそれは不思議なことではないんです。私にとっては萌え補給源だけど、きっとこのシリーズは癒し補給がテーマのCDなんです。そしてこのvol.9は頑張り屋の彼女である主人公(=聴き手)が、仕事で疲れ果てている様子を見て、泊まりに来ていたお兄ちゃんのような彼氏が添い寝しながら癒してくれるというシチュエーション。
そうまさにその時の私にビッタリだったわけです(笑)。
この時ほどシチュエーションCDの威力をしみじみ実感した時はなかったです。恐るべし!!

きっとあの時の私には愚痴を聞いて心配してくれる友達や黙って話を聴いてくれるオットじゃなく、ひたすらストレートに癒してくれる声を聞きことができるCDが必要だったんだろうな、と。
不思議というか、残念というべきか、翌日にまた聴いてみた時には再び萌え補給CDとして聴こえました。でもそれは私の心が前日より元気になったからだと思えました。
来週もまた頑張らねば!!

f:id:rika_kota28:20141018205108j:plain