Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

想像力が乏しいの、か?

“読書週間”が去り、2,3か月前のことが嘘のように本を読んでいません。これだけ暑いと仕方がないというのもありますが。
そんな本離れしている中で現在ほぼ唯一といってもいい読書時間が職場でのお昼休み。30分少々の時間しか読書に時間を割けないので、毎日少しずつ読む形ですが、この半月読んでいるのは犬村小六の『とある飛行士への恋歌』。
作品の評判は聞いていたのですが、私が最初に接したのは今年放送されたアニメ版が先でした。でもそのアニメは初回リタイア。初回で私の好みの要素を見つけることができなかったというのが理由だったのですが、先日ちょうど読みたい本が手元にない時があり電子書籍で購入。
えっ…!この原作の冒頭のままアニメ初回が作られていたらリタイアしなかったと思うんだけど(汗)。
結局アニメ版がどのような構成となり、どのような評価を受けたのか私は知らないのですが、原作1巻を読んでいる現状は面白いなと思います。

ただ…ひとつ問題が。

基本的に異世界ものが舞台の小説を読まないので、今作の象徴的な構造物(浮遊物?)であるイスラひとつとっても私の中ではっきりと思い描くことができません(苦笑)。文章の意味は理解できていると思うのですが、想像力が乏しいので(苦笑)文章からこの作品の核である重要なアイテムを形にしてワクワクするにはまだ至っていないです。でも面白い!ゆっくりと読み進めていく楽しみを感じています。