Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

やっとスッキリした>コルダ3ASfeat.至誠館

金色のコルダAnotherSky feat.至誠館』はほぼほぼプレイを終えているのですが、気になることがあって心のどこかでずっとひっかかっていることがありました。
それは長嶺珠玉EDの中のとある場面。私はこのfeat.至誠館については長嶺溺愛なので他の攻略者のルートをプレイしている時も必ず並行して長嶺EDもプレイしていました(←残念すぎる執着ぶり)。もう彼のルートに至っては何周したか覚えていないくらい(軽く数十週しているはず)。
ドS発言を放ちながらスルッとかなでちゃんへの執着を見せているところや、七夕の夜のイベントは結構強引で萌えたし、1時間以上も『木星』の解釈繰り広げたイベントでは“将来の住職”(笑)の素養を感じさせ、かなでちゃん親子と夕食を共にすることになった場面の「真夏に鍋か」と言い放った時の母親との会話、バイク乗りだったという意外性などなど長嶺のお気に入り場面をあげればきりがないのですが、
何周かしていて1度だけしか見ることができていないイベントをずっと探していました。

探しているイベントの発生場所はわかっているものの、キャラ毎の【想い出】の【イベント】再生のリストに入っていないくて…。だからその場面のセーブデータを作る方法しかないのですが、数日前までそのイベントの発生条件がわかりませんでした。

そして5月末のコルダ至誠館イベントで、コルダ熱があがったこともありとうとう攻略サイトをチェック。
ありましたよ…長嶺イベント『すれ違い』と『月のせいだ』の間にあるイベント『ただ音だけが』です。どうやら私は『すれ違い』イベント発生時にすでに『月のせいだ』イベントの発生条件を満たす好感度になっていた為に『ただ音だけが』イベントを見ることができなかったようです。

この『ただ音だけが』は長嶺家の庭のスチルだけで主人公はもちろん長嶺の姿も描かれていません。長嶺が奏でる『木星』のホルンの音が聞こえている。前日の出来事で二人の間に距離ができてしまい、長嶺に会いたい、話したいと思ってもできない。だったらと姿が見えない長嶺のホルンに合わせてヴァイオリンを奏でるかなでちゃん。そんな場面のお話です。
なんとなく初代コルダのアニメで日野ちゃんと月森が合宿で庭とテラスで『アヴェ・マリア』を演奏した場面を思い出させてくれます。

よくよく検証してみると、この『ただ音だけが』を見ていると『月のせいだ』で長嶺がかなでちゃんへの想いを素直に口にする説得力が出るんですよね。だって夜、広い庭とはいえホルンを吹けばかなでちゃんに聞こえることはわかっているんだし、しかもそれがふたりと繋ぐ特別な曲である『木星』ならかなでちゃんと同じように長嶺も彼女に会いたい、話したいと思っていると告げているようなものだし、当然賢い長嶺はそんなことわかっているはずなんですから。

そういうわけでずっと心で印象に残っていた場面をようやく保存できました。これでいつでも手軽に見ることができます♪