Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

最近は乙女ゲーではなく読書を

ブログやTwitterなどのプロフィールで趣味を書くとき乙女ゲーと読書どちらを先に書くかで悩むことがあります。んーどちらも好きなんですけど乙女ゲーは手を出しているジャンルやブランドがほぼ決まっていて、やり込む作品となるともっと少ないというところを考えると無難なんだけど【趣味は読書】になるのかなぁと。
でもそれだけだとちょっと個性が出ていない気がして、最近のプロフィールには【趣味は読書の乙女ゲーマー】と苦し紛れに書いています(苦笑)。

そして今、プレイ途中のゲームを放って“読書週間”に突入中。この読書週間は2、3ヶ月に1度くらいの頻度で訪れる”寝食よりも読書”という気分に私が命名しました(笑)。
この読書にもブームがあって“TLオンリー”な読書週間もあれば、ジャンプコミック一辺倒な時もあるし、BLに嵌る時もあり。今回の読書週間は割とくくりがないみたいです(読む本はその時の気分次第なので如何ともし難い)。

ちなみに現在は数年ぶりに京極夏彦氏の『姑獲鳥の夏』を。ちょうどTVKでアニメ『魍魎の匣』が再放送されていて、それに触発されたからなのですが。
このシリーズはほわ~っと読んでいたら頭に入ってこないので、眠気がないときに集中して読んでいるのですが、相変わらず私は関口の言動にイライラさせられています(苦笑)。
読書週間のブームが続けばこの後は時代小説と群よう子作品が待ち構えています。

追伸;アニメの影響もあってジャンプ作品の『ハ/ イ/キ/ュー/!!』を読み始めました。けれどアニメを追い越してしまうのが何故か勿体なく感じて、【原作はアニメの後追いで】を守るようにしています。