Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

コルダ散財と引き換えに

今年はネオロマ20th year. もちろん全力で貢ぐ覚悟の私です。
その先陣を切って今年に入ってからコルダ3の新展開(feat.シリーズ)が始まり、今週末のアニメ放送開始を皮切りに各校別のCD、サントラ、至誠館イベと怒涛の攻勢。
昨年のネオロマ20th anniversary eveイベント参加後に2014のネオロマ散財は覚悟していましたが、コルダだけでも毎月のような発売ラッシュに早くも戦いています。
消費税増税前にとコルダ10周年記念の過去10年の全キャラソンを収録したCDも買いましたしね。どうでもいいことですが私は衛藤キャラソンに好みの曲が多いのです。

そんなコルダ散財の資金となっているのは、通常ならばBLCDにつぎ込まれている資金。幸か不幸か、今年は私好みのBLCDの発売が少ないのです。
出費は増えても収入は増えず―の状態なので、BLCDに目が行かない状況は幸か不幸かと問われれば幸運ということなのかもしれません。

コルダといえば、いまプレイしているfeat.至誠館ですが、火原の登場場面が多くて嬉しい。火原のテーマ曲が流れてくるとホッとしますもん(笑)。ネタバレになりますがコルダ3をプレイした時、あまりに当時のまま真っ直ぐな大人になった火原を見て、隣に日野ちゃんがいるといいなぁと思ったのですが、feat.至誠館の中で火原が「当時彼女が弾いていた曲」と懐かしげな口調で言っているのを聞いて、あぁ日野ちゃんは火原の隣にいないんだなあと思いました。彼女は8年経った今どこでヴァイオリンを奏でているんだろう。懐かしく思い出しました。