Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

10月の読書メーター

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1697ページ
ナイス数:59ナイス

交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
読了日:10月25日 著者:榎田尤利
LOVE and EAT~榎田尤利のおいしい世界~ (SHYノベルス294)LOVE and EAT~榎田尤利のおいしい世界~ (SHYノベルス294)感想
レシピは眺めるだけになりそうだけど(苦笑)楽しい一冊でした。しかも交渉人シリーズのSSは兵頭にとってどういう『記念日』かというネタで、これは本編に入れてもいいくらいさりげなく重要だった(笑)。芽吹との再会がどれだけ兵頭の人生を決定付けたものなのか改めて思い知らされました。
読了日:10月11日 著者:榎田尤利,まんまる
ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫 は 3-6) (二見シャレード文庫 は 3-6)ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫 は 3-6) (二見シャレード文庫 は 3-6)
読了日:10月11日 著者:鳩村衣杏
SH(シュガーハイ) (二見シャレード文庫 お 1-1)SH(シュガーハイ) (二見シャレード文庫 お 1-1)
読了日:10月7日 著者:オハル
年下の彼氏 (キャラ文庫)年下の彼氏 (キャラ文庫)感想
繊細で静かな空気が大好きな作品です。楓の妹があの考え方、物言いであることも、楓の未来を夢見ることができない性格と自分よりも他人を案じる優しさを持つ理由も、ミチルの必要性もきちんと感じられたのでストンと受け入れられました。楓も鴻島も菜桜も室長も辻もタイプは違えど誠実な人たちで読んでいてとても居心地がよく温かい気持ちになります。鴻島が楓に告白するシーンの描写の細やかさは特に印象的で素敵。鴻島の持つ何にも代えがたい伸びやかな生き方と性格に癒された作品でした。
読了日:10月3日 著者:菱沢九月
飴色パラドックス (2) (ディアプラス・コミックス)飴色パラドックス (2) (ディアプラス・コミックス)感想
1冊通して尾上が持つ嘘のない真っ直ぐさに蕪木がどんどん惹かれていく2巻目。しっかり仕事をこなす蕪木が実は仕事の理想と現実に失望していて、反対に尾上は厳しい現場を経験しても真っ直ぐさを失わなわずにいること、そんな尾上の強さに蕪木を託す為に上司がコンビを組ませたことが明らかに。二人の出会いが尾上を成長させる話と思わせて、実は蕪木が救われた話という上手さに唸った。相変わらず天然タラシな蕪木にヤキモキする尾上と、尾上がなにかと頼る雅やんに嫉妬する蕪木は本当に微笑ましいカップルでした
読了日:10月3日 著者:夏目イサク
飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)感想
夏目さんは1話1話のまとめ方がとても上手い。尾上のツンデレぶりはいらつかない程度に可愛く、蕪木の仕事モード時のタラシぶりも格好よかった。基本的に合わない性格でも、以前からお互いの仕事ぶりはチェックしていたという素地があって、そこから互いに相手の知らなかった部分を知り惹かれていく過程が1巻通して丁寧に描かれていました。噂に聞いていた通りの喧嘩っぷりは清々しさすら感じました。
読了日:10月2日 著者:夏目イサク
かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)
読了日:10月2日 著者:深山くのえ

読書メーター

広告を非表示にする