読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spica BLOG

**本と乙女ゲーと雑記のブログ**

手放せない本

昨日、芥川賞と直木賞発表のニュースがありました。

そんなわけで本のお話。
本は、年を重ねいい大人と言われる年齢になった今でも有形無形の影響を与えてくれます。
実家を出てから手元において置ける本の数が圧倒的に減りました…由々しき事態です。
転勤族の家庭だった為、本の取捨選択は得意な方です。そんな定期的な取捨選択を乗り切り、長いこと私の手元にある本が数冊。

古都(川端康成)
檸檬(梶井基次郎)
館シリーズ(佐々木丸美)

どれも中学・高校時代から手元にあるので、私の所蔵する本の中では最古参の本たちです。
少なからず私のモノの考え方や嗜好に影響を与えてくれた作品でもあります。

きっと私の手元でこれからも年月を重ねて行くんだろうなぁ、と思う今日この頃です。

広告を非表示にする